iPS細胞の臨床実験

数年前にiPS細胞が発見されて話題になりましたよね。皆さん覚えてますか(STAP細胞じゃないですよ)。当時、万能細胞が生まれたーと世間を賑わせていました。

なんとあの報道が流れてたのが2006年なんでもう10年以上前なんですよ。早いですねー。
iPS細胞というのは多能性幹細胞というもので、いわゆる万能細胞というやつです。

人間の細胞(体細胞)と多能性誘導因子というものを結びつけることによってiPS細胞を作ることができます。
この方法を生み出したのが、日本の京都大学の教授、山中伸弥教授という人です。これ本当に画期的な発明なんですよ。

iPS細胞の特徴は、体中のどの部位の細胞にも変化することができるということです。

これ簡単に言うとどんな病気や怪我でも直せちゃうということになるんです。実際はもっと複雑なんでしょうけど。

例えば、事故で腕の一部が失われたとしてもiPS細胞で腕の細胞を作って再生させるなんてこともできるかもしれないんです。

じゃあ、今はどんな病気になっても治せるってことじゃないの?と思いきやそういうわけではないんですね。

iPS細胞はまだ実際に医療現場で使われてないんですよ。新しい技術が生まれても実際に人に使うまで長い時間がかかるんです。

これは薬とかなんでもそうなんですけど。完全に安全だとわかるまで様々な研究を繰り返す必要があるんです。マウスとかで試してね。10年経った今も実用化できていません。

日本はとくにその期間が長いと聞いたことがあります。本当な治せるのにいろんな手続きや決まりの関係でその技術を使えないという。

確かに安全性の確認は大事ですけど、病気になった本人や家族からしたらそんなの良いから治療してくれって思っちゃいますよね。だって治療しなきゃ死んじゃうような状態なら一か八か治療したほうが良くないですか?しかも成功する確率はそれほど低くないわけで。

そんな実用化への研究や新薬の開発を頑張ってる会社の一つにiPSアカデミアジャパンというところがあります。

アカデミアジャパンには、頑張ってもらって早くiPSが実現されるといいですね。この細胞が実用化されるだけで、どれだけの怪我や病気が今よりも治せるんでしょうか。すべてはアカデミアジャパンにかかってます。

私がおじいちゃんになる頃には実現して長生きさせてほしいものです。